BLOG 大将ブログ

気仙沼を発信

2017年9月20日(水)テーマ:ブログ

嬉しい事に嬉しいところから嬉しい声をかけて頂きました。

観光プログラムの一環だそうです。

これはチャンスです!
何よりプレーヤーとなって、こちら側が楽しめる予感です♫
どうなるか分かりませんが、とりあえず

即答で『やります!!!』と宣言だけしておきました。

数日後、ネットでいろいろ確認すると出てきます。
全国的にプロジェクトが動いているので参考になります。

自分らでどういうものを創りあげていけるか、
楽しみです。

さてさて、楽しい仲間を募ってやり遂げたいと思います。
幸い気仙沼には、楽しくもバカ(自分もそこそこバカですが)な
仲間がたくさんいます。

また、独特の個性を持った方々が多くいる
人財の宝庫でもある気仙沼です♫

『全国有数の観光地気仙沼』

ん〜、すいません。とは、言ってみたものの
地元ながらいまいちピンときませんね。ピンボケです。
自分的には、正直そういう感覚です。

でも今は、オッケーです。
まずは、現状を知る・認識する事が大事です。

閃きました♫ここで一句!!!
『知る事は未来へ繋ぐ第一歩!』
明日から川柳もやろうかな。

調べてみたら、俳句も川柳も同じ五七五の17音定型は同じとか。
大きく違うのは、俳句は『季語』を使うのに対して川柳は、
特にこだわりはないそうです。

見事に脱線しました。

まずは、俯瞰してこの企画にピッタリと思う方にお声掛け
させて頂きました。そこからどういう流れを創っていけるか
楽しみです。

自分らおじさんも活躍できる場も有ればいいなと思いつつ、
若者の感性と感覚の邪魔だけにはならないように!ですね。
むしろ、良い意味で丸投げ!も大事かなと思います。

あっ、企画内容ですが・・・。
自分の中でいろいろ構想があって、そのままブログ書き始めて、
気づけば何を言っているか伝わらない内容ですね。

内緒ではないのですが、知っている者の特権として、
今のところ、もったいつけておきましょう(笑)

早速、明日打ち合わせです。
先方に『楽しい企画ありますよ』とだけメッセージしたら、
内容も聞かずに打ち合わせの日程調整。
相手もアホです!

最高です!!!

続編、アップできたらします。
お楽しみに☆


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

サンシンカー

2017年9月19日(火)テーマ:ブログ

凄い!という表現がピッタリのクルーザー!!!

気仙沼湾に見た事もない凄いクルーザーが停泊していました。
IMG_3355

美しいという表現がピッタリの流線形が素晴らしいこちらのクルーザー。
こんな凄い奴、名前も知らないので検索は、『クルーザー』、
『豪華クルーザー』etc。。。

なかなかヒットしません。

そんな中、FBに投稿したところ、船の全体像も写ってない
限られた情報にも関わらずクルーザーやジェット等扱っている
静岡の友人がすぐ教えてくれました。
21433276_907598732722239_2189527387223788493_n

この凄い奴の名前は、『サンシンカー』だろうと。
IMG_3353

とにかく美しいというか、かっこいい!

そして何よりデカい!!!
どうやら、日本に2艇しかないそうです。

凄過ぎますね!
こういうものを購入される方は、どういう感覚で購入されるのでしょうね。

私らが、車を買う感覚なのでしょうか?
それともスーパーでお惣菜を買うような気軽な感覚なのでしょうか?

こんなデカいと庶民の自分としては、やはり気になる諭吉さんの数♫
クルーザーは、どうやら内装次第で価格は、青天井らしいですが・・・。
最低でも五本の指位だそうです。。。。。

ハハハ・・・、

凄い。

こんな凄いクルーザーでクルージングしてみたいですね♫
IMG_3354

聞いた話ですとこちらのサンシンカー氏、どうやらシャワー室だけでも
3箇所あるみたいです!

・・・。

大変素晴らしいものを見させて頂きました♫

気仙沼プラザホテル前の岸壁です。
なかなか見る機会のない代物です。
いつまで停泊していつ出航か分かりませんが、

本日時点でまだ停泊しておりました♫


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

新富の穴子vol.1

2017年9月18日(月)テーマ:新富の思い入れ

当店では地元『気仙沼産の穴子』のみを使用しております。
一品・握りとおすすめさせて頂いております。

最近では、県外から当店の穴子を目指して来て下さる御客様も
増えてきました。嬉しい限りです。

そこで今回は、当店の穴子を作る行程を軽く御紹介させて頂きます。
正直、こだわりは全くありません。
しかしながらしっかりと強く思い入れを持って作らせて頂いております。

骨、頭の下処理をします。
頭は、眉間のあたりから包丁を入れ開きにします。
骨は、細い血管までしっかり除去しその後、水にさらしてから
焼きます。

骨は、焦げない程度にカリカリです。
頭は、程よく焦げ目が付く程度です。

焼いて香ばしさを移しつつも良いダシが出ると思います。

このダシ用に頭を焼いている時、かなり美味しそうなんです!
焼きながら穴子の頭を一口、また一口といきたい所ですが・・・。
数も少ないし、あくまでダシ用なのでグッと我慢です♫

これ、一品で行けそう!なのですが、残念ながら全て
美味しいダシを作るために全て投入されます。でもホント頭焼き美味そう!

IMG_3226

この鍋は、40ℓ以上入るものです。
ここからクツクツ数時間かけ半分位まで煮詰めていきます。

IMG_3231

少しづつ良い感じになってきました♫

〜数時間後〜

最終段階、味付けする前、ダシ完成です。
IMG_3240

骨は、柔らかくハシで掴んだら崩れ落ちていきます。
頭もトロトロでハシでは掴めません。
これをしっかり綺麗に漉します。

脂の出も最高です。
脂の密集エリアは、黄色みがかってて最高の予感を感じさせます。

良い色に仕上がりました!

つづく・・・


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ