BLOG 大将ブログ

徳仙丈

2022年4月3日(日)テーマ:ブログ

最近かなり重要視していることがあってオラオラでインプット頑張ってます。しかしながら、それのアウトプットする場がないので、覚える量と忘れる量が同じになっている寿司屋の大将です。バランス感覚最高!

今日は、気仙沼の春を短くご紹介したいと思います。

気仙沼には、50万本つつじで有名な徳仙丈山があります。
(画像:気仙沼さ来てけらいんHPより引用)

ちなみに画像右上あたりに茶色っぽい土みたいな部分があってそこに黒い縦線っぽく見えるのがあると思いますが、確か人だったような気がします。仮に違ってても比較対象としては大体こんな感じの大きさで見えます。すると大体つつじの広大さに少なからず目安がつくと思います。

~気仙沼市役所より抜粋
日本一のツツジの名所と呼び声高い徳仙丈山は、気仙沼市と旧本吉町の境にそびえる標高711mの山です。自生するヤマツツジとレンゲツツジは50ha(東京ドーム約10個分)もの広範囲にわたり、その数は実に50万本とも言われます。5月中旬から下旬にかけて満開を迎え、圧倒的なスケール感で咲き誇り、山全体を赤やオレンジに染め上げます。山頂からの景色は、紅く染まる山肌と太平洋のコバルトブルーとの絶妙なコントラストで、思わず息をのんでしまうほどの鮮やかさです。季節限定の絶景をご堪能ください。

間違いなく見応えは、ほんっっっっっともう的な感じの感じです。気仙沼市役所が紹介している記事を読んでも東京ドーム10個分、数は50万本とも言われていると紹介されています。マジでスゲー!!!

ん???

あれ??

50万本とも言われている???
あれれ???50万本とも言われているということは、50万本と言ってる誰かがいるということかな??
あれ、、、たぶん、ここ食いついちゃいけないとこだったりして。んなぁことはないか(笑)っつーか、普通にお客さんに『気仙沼のつつじは、50万本あって見頃を迎えると・・・』なんて、意気揚々と言い切ってましたけど(泣)

まぁこういうのは、大体でいいじゃねーかバカ野郎!!と怒られそうなので、

たぶん50万本くらいのつつじが・・・、んー、これだとちょっと味っけない感じになるのでやはり僕も50万本とも言われています的な感じでいこうかしら(笑)

まぁ冗談はさておき、、、

5月中旬前後に見頃を迎えますが、その年によって見頃時期の多少の前後がありますので詳細は気仙沼観光情報サイト【気仙沼さ来てけらいん】で確認できます。開花情報は4月中旬くらいから始まるそうです。

気仙沼さ来てけらいんはコチラ

そういえば気仙沼の顔とも言える内湾地区には、一足早く見事な【徳仙丈】が出現しておりました。


見事な50万本ともいわれているつつじです(←早速だけど自然に言えてるじゃん!)

まぁ冗談や本数はさておき、

まぁ一面に広がるこんなピンクの景色はそうそう出会えないと思いますので、機会をつくってぜひぜひ!いつかは見たいは所詮いつかだし、たぶん一生いつかなので、思い立ったら吉日なので今年はぜひぜひ見にいらしてくださいね。


地震(備忘録)

2022年3月23日(水)テーマ:東日本大震災

令和4年3月16日23:34頃大きな地震がありました。皆さんのところは大丈夫でしたか?気仙沼では5弱の記録でした。スマホからはアラーム音が鳴り3月ということもあって脳裏には嫌でも3・11が蘇ります。


▼地震一発目、

スマホアラームがなり体感的には震度4くらいの揺れかなぁという感覚でした。この時はまだお店に居てPCでいろいろ作業していることろでした。揺れも収まりホット一息ついてまた作業開始!したところにまたスマホアラーム・・・

なんなん??

なんて一瞬思うも揺れがだんだん大きくなりちょっと焦る(あれ?もしかして来た??)
揺れはどんどん激しさを増すばかり。メンタルは完全に3・11。何が怖いって、もちろん揺れも怖いんですが【揺れから来る音】に怖さを煽られますね。

特に近くに携帯が2台あったので、そこから来る警報アラーム音と地震からくる建物や室内の揺れ音。
結構なボリュームなので、正直いろいろ煽られました。


▼津波
注意報が発令されたものの幸い大事には至りませんでした。
養殖業においては、数十センチの津波でも筏が壊れたり養殖している海産物が落下したりなど被害が拡大する場合があるとのことですが、SNS見る限りではこちらも大事に至らなかった様子でした。

震源に近い仙台や知人のお店がある郡山市などでは、かなりの大きな揺れだったようです。器の落下、時間をかけて仕込んでいた食材が落下したりと被害は大きかったようです。

▼今は、
日本全国どこにいても災害は避けられない感じがします。災害は、いつどこで起きるか予測できるものとできないものがありますが、自然災害に対して被害を避けるための100%の対策は現実的ではないかなぁと思います。しかしながら、どこに注力して何を1番に守るかを掘り下げて考えるとある程度の取捨選択ができてくると思います。

いざ!!!という冷静さを欠いてしまうようなことが起こった時に大事なものを失わないために優先順位を決めて準備しておきたいと思います。

▼当たり前のことで
今まで何度も各メディアや自分発信もしていて分かっているつもりではいますが、その時にしっかり行動できないということがあるのもこれまた事実です。いざという時に財布のつもりがテレビのリモコン持って、実印のつもりが七味唐辛子を持って・・・、なんてならないように何度も何度も繰り返し、自分に言い聞かせ準備と実際にやってみたが大事かなぁと思います。


楽天NFT

2022年3月3日(木)テーマ:crypto-NFT-dao

今日は、【NFT】について何も知らない僕ですが、そんな僕でももしかしたら少しだけお役に立てるかも?ということを素人目線の例え話を用いてお話をしたいと思います。くれぐれもですが、専門性などは全くありません。素人視点というところの僕だとまだ始めてない方々と距離感が近いので、もしかしたら何か共感できるのでは?というところのお話です。

そんな僕の今の現在地はというと
例えば、釣りをしたことがない僕(実際はあります)が、釣りをしたいと思いました。でもどこで何を釣ったらいいのかわかりません。ネットで調べるとどうやら長い棒のようなものに糸やリールを付け、糸の先に仕掛け(針やおもり、えさ等)をつけてやるものと言うことが分かって来ました。ホームセンターで買い揃え小船で少し沖へ出て初めての釣りです。さらに調べると、どうやらもっと沖に出るともっと釣りを楽しめると言うことを知り、船も沖に出れるくらいの大きさに変え更に沖へ(←今この辺)


何のこっちゃ?(笑)というお話ですが 、一応そんな現在地です(笑)

聞いたことくらいは何となくあると思う英語3文字、【NFT】。当ブログでも何度か分かったフリして使ってますので、読者の皆さんなら一度は聞いたり見かけたりしたことあると思います。ざっくりでも【NFT】とは??を説明したいところですが、ど素人の僕が説明すると間違いなく100%解りづらくなります。ググるかyoutubeですぐ出てくるので僕からの説明は割愛させて頂きます。優秀な先生方、先輩方がいらっしゃるのでそちらで学ぶ方がオススメです(←うん、知ってる!)

数千円とかで取引されているNFTアートもあるようなので、まずは体験してみるというのが1番の学びかなぁという思いもあります(←ざっくりし過ぎ(笑))が、まずは、NFTに触ろうかどうか躊躇ってた時の僕のメンタルを文字にするとこんな感じかなぁというところを少しお伝えしたいと思います。


例えば、
目の前に自動販売機がありました。僕はまだ自動販売機というものを使ったことがありません。でも、色々調べてみたらどうやらジュースが買える機械だと。飲みたいジュースも決まって100円入れれば買えることも分かってて100円も持ってると。でも自動販売機なんて使ったことないし怖いから自動販売機の仕組みをまず理解しよう!仕組みを理解できたら100円投入してみよう。

ざっくり言うとこんな感じだったと思います。これが去年、一昨年の自分です。振り返ってみるとこんなことで自分は難しく考えてたんだということが分かります。ソッコー100円入れてまずはジュースを買ってみる。それだけです。それをやるかやらないかだったんですね。そして1本、2本と買いながら同時に自動販売機の仕組みを理解しよう。今はこういう思考です。NFTに限らず、面白そうだと思うことをまずはやってみる!は大事かなぁと思います。

これが投資という入口なら話は変わると思います、当たり前ですが。僕の場合は、投資という感覚は薄かったです。『入口が投資でないならさっさと100円入れてボタン押せや!』(←お口が悪いですよ)と自販機に言われそうですが、何がいけなかったかというと行動に移せるまでにタイムラグがあったので時間損失、機会損失したかなぁと言う点が見えてくるので、そこは反省すべきところです。

※前回ブログから何度もしつこいようですが、投資なら尚更ですが、投資でなくてもNFT関連等、他諸々全て自己責任で経験をするということです。教えてくれた先輩にもゴリゴリに念押しされましたが、自分が経験してみて理解深まりました。くどいようですが全てが自己責任になります。当然リスクはどんな世界にもあります。しっかりリスクヘッジしておきましょう。

と言うことで、今日の本題です(前置き長くね???)
先日、楽天から発表されたNFT。これには、DiscordTwitter等ネットはザワザワしていました。『こんなのNFTじゃねー!』『がっかりした』等の書き込みが比較的多く散見されました。多分5〜6年前の僕だったら同じような感じに思ってたかもしれません。ということで、ど素人だからこその今の視点をお話したいと思います。

結論から言いますと僕の思いとしては、楽天NFT(←詳しく知らねーだろ!!!)は賛成です。まぁど素人の僕があーだこーだ言えるレベルのお話ではないのですが、どこが賛成なのかというところを少しお話したいと思います。

超ざっくり言うとどうやら、世界で使えるNFTと日本でしか使えないNFTがあるようです。ちなみに楽天は後者のようです。もう少しいうと【楽天でしか使えないNFT】のようです(詳しくは知らんけど(笑))←THE無責任

なぜそんな面倒くせーことするんや!!!世界に羽ばたけ楽天!!!となりますよね。でも一旦ゆっくり掘り下げると僕の中では、過去の学びから得た思考が基になって自分なりの理解ではありますが、ほんの少しだけ分かるような気がします。じゃぁその基って何??というところですが、それは【にわかファン】をつくるです。これが今回の楽天NFTに対する僕の思考の基です。


文字通りなんですが、ジャンルを問わずこの【にわかファン】をいかに増やせるかがどの業界もポイントになるそうです。つまり裾野を広げる作戦です。そもそも分母がでかくならないと発展が難しいし、古参がちょっと頑張り過ぎちゃうと若返りやイノベーションが難しくなるようです。要は、みんなフラットで詳しい人は詳しくない人に丁寧に教えてあげれば良いんじゃね!思考が、コミュニティの成功への秘訣の一つだそうです。1年目も10年目も立場は年数で決めるものでも自分で決めるものでもなくフラットなのかなぁと。

ただ、問題もあります。
詳しい人の中には、専門用語バンバン使って意識もスキルも高め合うところを楽しみたい人もいます。そこに人生のリソースを投入して頑張って来たわけです。そんなコミュニティに素人の僕みたいなのが、釣りをするのに何を準備したら良いですか?何の魚を釣ったら面白いですか?みたいなことを聞かれてもそんなのは他所で聞いてくれ!と面倒臭さや苛立ちが先にくる方もいるでしょう。無駄にテンションや時間、エネルギーが奪われるわけですから。なので、同じコミュニティ内であるからこそ、熱量や方向性、専門性といったベクトルを合わせておくということはすごく大事ということですね。(←良いこといったかも(笑))

楽天NFTへ話を戻します。

楽天NFTは、NFTの裾野を広げる役を選んだのでは?つまりにわかファンを増やす(もしくは増える)ポジションを選んだのでは?と言うことです(←楽天さーん!ポイントもらえれば頑張ってもっと褒めます)そもそも日本を代表するネット業界の企業です。めちゃくちゃ頭の良い方々がたくさんいる企業で、【NFTとは】を知らない訳がないんです。日本の現在地をしっかり把握した上で、あえてそこを選択したのでしょうと言うところだと思います。(←楽天さーん、結構褒めてます♫)

僕みたいなネット音痴には、NFT等は正直なかなか大変です。世界のNFTマーケット上で取引すると言うことは、知らない者にとっては(正に僕(涙))初めて釣りをするのにいきなりホームセンターの釣竿1本持って小舟で太平洋のど真ん中で釣りをするようなものだと感じています(←ジョーズとどう闘う???)

『ここで釣りをすると安全にできますよ。もし釣りの道具に不具合が起きてもできる範囲でサポートしますよ!その代わり、波打際の目の届く範囲で釣りしててね。ニコっ♫』という風にリスクや参入障壁を下げてくれたのが、今回の【楽天NFT】という見方もできるよね!が今のところの僕の考えです。
(↑↑楽天さん、ポイントどっさり受付中です)

まぁ、『あれって中央集権型だろ!』、『あれだとNFTじゃねーだろ』という意見を僕でもよく目にします。同じ英語3文字使ってるのでほぼ同じ?なように見えたりもしますが、違うようです。やはり気をつけなければいけない点は、世界のNFTと楽天NFTは違うという点です。

太平洋沖は怖いから何かあったらサポートしてくれる人がそばにいてくれるところがいいなぁと言う人は楽天NFTで。

いやいや、それだとつまんないから最初から太平洋のど真ん中で俺は釣るぜ!と言う人は、open seaへ(←色々あります)

【NFT】と言う同じ文字が使われているだけで、中身は大きく違う(人によっては全く別物)ということだけはしっかり理解しておくことがすごく大事だと思います。

そしてやっぱり念押しですが、全ては自己責任です。

僕のNFT知識レベルは、入口から2〜3歩進んだだけなのでまだまだ勉強が必要ですが、お店へのインセンティブを含め何か面白がれそうなのでもう少し頑張ってみます。

このお話がグッドなきっかけになったらいつかグータッチしましょう♫


ページの先頭へ