BLOG 大将ブログ

集中を知る

2020年5月20日(水)テーマ:ブログ

カウンターで、先日ある質問をされました。

お客さん:『芸能人だと誰と付き合いたいですか?』

よくされる質問のあるあるです。芸能人の皆さんは、みんなお人形さんのように
めっちゃ顔小さくて美人さんなので返答に困るところですが、こういう質問にも答えながら
カウンターでの時間を楽しんでもらうべく答えます。

大将:『ガッキーとか良いですね♬』
と答えた後、芸能人だとどんな方がタイプですか?と聞こうとした矢先、

お客さん:『面食いなんですね!』

はい???
想定外(涙) なかなかエッジの効いた返しに今年の七夕の短冊へ書く願いは、

『誰かこの質問の正解を教えて!』

で決まりの寿司屋の大将です。
この手の質問って宝くじとかと同じで夢とか理想系カテゴリーの質問だったような・・・

**************************************

 

■集中・集中力                    

僕は、リトルリーグ(小学生硬式野球)から真剣に野球をやっていました。
監督やコーチ、教えにきてくれる大人の方々にたくさん教えて頂き、改めて愛されて
いたんだと確認できるところで嬉しく思います。

ただ、その中で

当時疑問に思っていた気持ちがあったのを今でも覚えています。
当時は、精神論が幅を効かせた昭和後半時代。言われたことには、大きな声で返事をし、
ノリと勢いで乗り切れる空気感でバッチグー!(悪くはない♬(ぺこぱ風))

結論から言うと、

 

【集中!集中!】

 

スポーツシーンで使われることが多い集中。
【集中しろ!】
って言われるけどこの集中ってなんだ???です。

 

この集中って言葉凄くないですか?

 

野球(僕の場合)を本格的にし始めた途端、いきなり出始める謎ワード【集中】。
小学生低学年だろうと容赦ない【集中】(もしかして虫? 集虫か?)

ミスした時は『集中ッ!!!』
応援する時は、『集中〜!集中〜!』
励まそうとする時は『集中〜♬』

 

なんとなく悪い言葉ではなさそうだが、責められてる感と励まされてる感が同居する集中。

 

全く理解できなくても
なんとなくその場の空気感で伝わる集中の空気感(集中とはテレパシーか♬)

 

 

集中(集中力)って言葉で伝えられます?
(たぶん、集中力の正体はエスパーです!)

 

 

何をどうしたらいいのか、全く解決策が分からないのになかなかの頻度で言われる集中(笑)
野球だったら、ボールの取り方が悪ければ細かく教えてくれるコーチがいます。
取り方のお手本を見せてくれる先輩だっています。

でも集中って、お手本ないんですよね(やはりエスパー集中!)

小学生には酷ですわほんま(笑)集中しろって言われてもそもそもやり方知らんし!
集中の正体を教えて欲しい(振り返ると結構エグいな(笑))

集中って何やねん!ちゃんと説明しろや!あほ!という否定の気持ちではありませんので
ここは、ご理解いただけると幸いです♬

(文字に集中!)

 

■実は僕だけがアホ説               

今となっては確認できないが、実は理解していなかったのは僕だけかも説?

小学生の頃、学校もそうだったが、謎のいろいろな空気感が感じられ、現場で
『集中』ってなんですか?とはなんとなく聞くことができなかったというか、
できない子供だったというか・・・?

今更だが、何でチームメイトや誰かに
【集中ってどういうこと?集中力ってどうやるの??】って聞かなかったのだろう。
こういう積み重ねがないまま大人になるという残念賞(笑)

今では、何でも知ってる鬼(検索の鬼)がいるから容易に知ることができます。
ちなみに【集中とは】??で検索するとザックリですが、鬼曰く

【集中】
ひとつのこと(ひとつのところ)に集めること
【集中力】
ひとつのことに注意を集中して物事に取り組むこと(能力

頭の良い方、理解力がある方ならすぐわかるでしょうが、
僕の場合だと上記ではちょっとピンと来ないというかピンボケしているというか・・・
何となく分かりそうな感じだけどそうでもなさそうな感じもするし・・・

 

■寿司屋の僕はこう説明する            

そんな中、調べていて一番腑に落ちて尚且つ簡素に説明できる集中(集中力)とはを
見つけたのでご紹介します。それは、

【解像度を上げる】でした。
(検索:解像度でググってみましょう♬)

なるほど! 【集中(集中力)=解像度を上げる】
これはめちゃくちゃピン!と来ました。ピントも合いました(嬉)
誰かに聞かれてもこれだと丁寧に説明もできます。

詳しくは、お店でお寿司でも食べながらどうぞ♬(まさかの宣伝♬)

そこから更に【集中】を深掘りしていくと新しい景色も広がり、禅やストレス軽減、
その他いろいろと派生していき、集中(集中力)が少しづつ理解できて来ました。
人間が集中していられる時間なんてわずか数十分!という定説にも変化がありそうな
予感がして来ますね。

集中できてくるといろんなことに楽しく取り組むことが容易になってくると思います。
つまり、何か新しいことにチャレンジする時や仕事で少しネガティブなことをお願い
されたりした時とかに役に立ちそうな気もします。

言うぐらい簡単ではないけどそれでも
どうせやるならおもろい方が良いですし楽しい方が良いですもんね。

こういう時だからこその何かのキッカケにでもなったらええなぁという
お節介ブログでした(笑)

 

 


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

情報に触れる

2020年5月16日(土)テーマ:ブログ

尊敬している人が増えてくるとインプットの量も当然ながら増えてきて、もはや
脳が情報の多さに栄養過多で死にそうな寿司屋の大将です(爆死)

処方箋としては、どんどん情報に接触するのは良いらしいが、全部覚えようとしては
いけないとのこと(叩かれトップランナー談(笑))確かにそうですね。
トップランナーの方にそう言ってもらえると非常に助かります。


■頭良さそうに見える本を買ったというお話         

大事なことは【情報に接触している】ということ。

この【情報に接触】という感覚的な部分の理解が少しでもあると、その先に
たどり着くまでの時間が大幅に違ってくるような気がします(とりあえずソフトタッチで♬)
これだけの情報社会になった今、情報格差はすごいことになってきてると感じます。

知らないとそもそも欲しい情報に接触すらできないですもんね。
同じスマホ、同じ検索エンジンを使ってもその先に広がる情報は、質・量ともに
個人でレイヤーが分かれます(僕に分け目はありませんが・・・)

現代では、検索は立派なスキルだと思っています(F1レーサーか若葉マークか)
自信満々に宣言してますが、僕の検索スキルは、路上前の縦列駐車ハンコ待ちレベルです(涙)

僕には、思考の核になるリスペクトしている方々が何人かいるのですが、
3〜4年前から現代の魔術師のライトなファン(ファンとも違う気がする)で
いるのですが、その流れから現在のど真ん中であろう著書に出会いました。

NEWS PICKS

安宅氏が【シン・ニホン】という言葉を生み出したのが2016年。

正にですよね。
僕がこの情報に接触できるまで4年という時間になるのです。

この4年という時間は、どんな時間なのか分かりませんが、以上でも以下でもなく
これが全てで、2020年に出会ったという事実です(ただ、アホなだけだろ!)

全てに言えることなんですが、もっと早くに出会いたかったという思いはありますが、
早くに出会ってもその時に受け入れられる自分であるかどうかは、???マークなので、
やはり出会ったタイミングがベストなのかと思います。

でも正直、出会わなければ良かった(涙涙涙)
僕には分厚すぎます。ミディアムレアーでとりあえず読み進めます。

読むのが楽しみです。
ただ、読破できるまでには相当時間を要するので、この本の感想を僕と
共有する時の注意事項としては、

『シン・ニホン良かったですよねー!!』とお声がけください。
良かったですねー!と何となく相づちしますので。

当然、もう読み終えてますよね〜的な空気感からの読破前提の質問系への返答は、
来年からというルールが適用されます。物事には据え置き期間という制度がありますので。

会話の際はお気をつけください。

 

 

 


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

気仙沼市飲食店応援企画 チケットのご案内 

2020年5月15日(金)テーマ:告知・イベント

気仙沼市で始まった飲食店応援企画のご紹介です。
詳細はコチラから

IMG_8511

******************************

気仙沼市役所HPより以下コピペ

飲食店応援商品券「ホヤチケ!」のご案内

更新日:2020年5月15日

市内飲食店でお得な2割増し商品券の販売を開始しました!

気仙沼市では,新型コロナウイルス感染症の影響に伴う緊急経済対策として,市内飲食店による2割増し商品券の販売を応援しています。   

商品券の概要

  • 市内飲食店において,1枚500円×6つづりの3,000円券を2,500円で販売します。(販売している飲食店は下部をご覧ください。)
  • 販売期間は令和2年5月14日から令和2年6月30日までです。(販売数に限りがありますのでお早目の購入をお勧めします。)
  • 利用期間は令和2年5月14日から令和2年11月13日までです。

ご購入時・ご利用時の注意点

  • 購入は1店舗あたり1人につき2冊(額面総額6,000円,販売価格5,000円)までです。
  • 購入いただいた商品券は、その商品券を購入した店舗でのみの利用となります。
  • 購入時に氏名と住所を販売店の用意する所定の用紙に記入をお願いします。
  • この商品券はおつりは出ません。
  • この商品券は払戻しできませんので,ご理解のうえご購入ください。

*********************************

気仙沼市役所HP内チケット概要はコチラから

 

IMG_8511
気仙沼市役所HP内チケット詳細はコチラから

 

 

 

 


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ