BLOG 大将ブログ

時代に添う変化を

2017年3月3日(金)テーマ:ブログ

最近、宅配業務の現場の悲鳴が取上げられています。

インターネットの普及やスマホで、気軽にいつでもどこでも買い物が
できる時代になりました。もの凄く便利な世の中です。
その一方で、便利になれば宅配業務に関わらず必ずそのしわ寄せが来るのもです。

通常の宅配だけでも悲鳴が上がっている現状に受け取り側の不在等で
再送が加わると更に厳しいものになる現場です。
ある統計では、全配送の2割が再送だそうです。

以前にも似たような事を当ブログでも掲載しましたが、
価格に反映させれないものなんでしょうか?

例えば、ゴルフ場です。
同じ場所、同じコースなのに平日と土日の利用料金が異なります。
何故、平日と土日では、料金が異なるのか?
理由で思いつくのは、需要が高まるから???位しか思いつきませんが、
別に悪い事ではないと思います。

電車の通勤ラッシュ。
朝早い時間に座って快適に移動する方も満員電車でギュウギュウに押し込まれながら
かなりの体力を消耗するラッシュ時間も価格は同じです。
これは、ある方の本で読んだんですが、時間帯で利用料金を変えれば
満員電車は、容易に解消されるのではと思います。

大分前ですが、ある引っ越し業者さんでは、お客さんの都合に合わせる一般的な
引っ越しメニューに加え、引っ越し業者に合わせるメニューを作り成功していた
引っ越し業者さんがいたような記憶があります。
もちろん、引っ越し業者さんのスケジュールに合わせるので、詳細は把握してませんが、
通常メニューよりお得なメニューになってたと思います。
これは、両者winwinの嬉しい事例ですね。

宅配も同じかなと。。。
どうしてもその時間に届けて欲しい方と別に急いでないので、何時でも良い方。
様々だと思いますので、宅配料金も一律にしない方法を取り入れられないのでしょうか。
もちろん、安く運んで頂けるのは有難いことですが、今と一昔前では、世の事情が
全く異なります。

一番困るのは、荷物を送れない届かない事です。
送る側も届ける側もそして受け取る側も笑顔になれるはずの仕事なのに
今はそうではありません。

一番して欲しい事は、お互いが笑顔になるように
しっかり届けて頂く事。
欲しい時間に届けて欲しいという事は、
欲しい時間に届けられる価値があるという見方が出来ます。
であれば、やはりその価値に対価を発生させるのが妥当だと思います。

時代が凄い勢いで変化しています。
既存のシステムでは、対応しきれない時代です。

お店でも個人でも宅配サービスを利用しています。
お互いwin winになれるように声を上げてみました。


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ