BLOG 大将ブログ

茶袋

2015年6月30日(火)テーマ:お店情報, グルメ

気仙沼には、茶袋どいう食材がある。
何かというと『マンボウの卵巣』だ。
(途中で茶袋の画像を入れます。普通ではないような
感じでもあるので観覧注意!)

この茶袋は、希少価値の高い食材だと
個人的には思いますね。
たまたま網にかかったマンボウが、たまたま雌でないと
ダメな訳ですから。
欲しい時に入手できるものではないんです。
なので入荷があった時は、早いもの勝ち!どいう事になる!
そんな食材なんで、もちろん流通はしない。

こちらが、その『マンボウの茶袋』
IMG_4313
これが原型!
この白い部分は、コリシャキどいう歯ごたえ♬
んー、あまり美味しそうには見えませんね!
むしろ、これ食材???って感じっすね。

これを半分に割ってみるど
ジャジャーーーーーーーーーーーーン!
IMG_4314
こんな感じです♬
どうっすか?美味しそうに見えませんね〜!!

んでも、これをスライスしてサッと湯通しするど
綺麗なレモン色に☆焼き肉で言うとミディアムレアー程度に。

気仙沼でも扱っている所は、数える程度だど思うし
ホント希少価値の高い珍味っすね!
欲しい時に手に入る代物ではないんで、
食べれだ方は、そりゃぁラッキーっしょ♬

さすがの気仙沼市民でも食べだごどある方は、
そんなに多くないんで、新富の地元のお客さんでも
珍しがる方は少なくないんですよ。

ちなみに『茶袋』の名の由来は、
・・・、
分かりません、はい、すいません。

個人的には、『タヌキのチャブクロ』が、似ているので
そっから来てるのでは?と思ってるんですが・・・。


コメント(2件のコメント)

茶袋」への2件のフィードバック

  1. 山本康夫

    6/30 浜松市から来ました。杉浦親子と一緒に新鮮な気仙沼産魚介類をいただきました。特にホヤ刺身は絶品でした。
    震災後4回目の東北訪問ですが、来年も継続する理由ができました。ありがとうございました。

    返信
    1. shintomisushishintomisushi 投稿作成者

      〜山本様〜
      先日は、御来店頂きありがとうございました。杉浦様にも大変御世話になっております。
      本当に可愛らしいお子様でしたね。大変喜んでいた様子が私にも分かりました。
      気仙沼は、魚種はやや少ないものの他には負けないものも持ち合わせております。
      また、それぞれの季節に応じて『旬』を味わえるのも良いところの一つです。
      お近くにお越しの際は、是非御立ち寄り下さい。再会を楽しみにさせて頂きます。

      返信

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ