BLOG 大将ブログ

竹あかり

2021年7月27日(火)テーマ:ブログ

初来店した20代の若者と昼からお互いお茶だけで2時間半も話してしまった
寿司屋の大将です(本当は30分位で帰りたかった説(笑))

共通言語があるってメチャクチャ大事で、ここを押さえているとリアルな年齢は違えど
年齢という概念がそもそも必要ない世界観で会話が成立するので、オススメです。

最近、ホント有難い事に若者と接することがちょこちょこあり、
現代の思考回路の一端を知り得る機会に恵まれるということは、本当に有難いと思います。

そんな中、

友人が先日、【竹明かり制作ワークショップ】を開いていたので参加。
場所は、気仙沼市にある清涼院。敷地内には【はまわらす】もあり、人が
集まれる魅力的な場所になっています。

IMG_0337

作業場に入るとテンションアゲアゲ!!!

実はこれ!メディア等では知っていたんだけどリアルに眼にするのは初めて!
しかも今日は、制作側に回れるということで嬉しい限りです。ありがとう!!!

まずは、静観。。。(見て学べ精神が出てしまう・・・)

IMG_0344

なるほど!
こういう感じで制作していくのか、ふむふむ♬

現場では、
今回のワークショップ主催で友人の杉浦氏作業中。いつも笑顔絶えない杉浦氏だが、
真剣な眼差し!

IMG_0317

なんかかっこいいっすね!

僕も途中から選手交代で作業開始

IMG_0318

作業自体は、そんなに難しくないが、やはり根気???(www)
ちょっとしたコツは必要だが、小学生でもいけるので大丈夫!
現場では、2〜3年生くらいの男の子が、フリースタイルで楽しみながら
作業していたので、実証済み。

午前中から始まった【竹明かりワークショップ】だが、終了の16時を迎えると
こんな感じの完成作品

IMG_0346

今日はここまで!
あとは、ヤスリをかけて綺麗に仕上げていくらしい。

画像で見る仕上がりの綺麗さは、専用工具のドリルを使うかどうかで
決まってくるとか。確かに専用のドリルを使うと綺麗に穴が開くのだが、
専用でないものを使うと切り口が毛羽立ってくるんです。
(やはり専用って大事(笑))

夜、ロウソクを中に灯しながら飾ったら、幻想的でメッチャ綺麗でしょうね。

************************

杉浦氏が代表を務める気仙沼シェアオフィスco-ba
面白い活動ばかりしている愉快な方です(笑)

@気仙沼シェアオフィスco-baはコチラから

@命灯会(みょうとうえ)はコチラから
・関連記事はコチラ

************************

 

 

 

 

 

 


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*