BLOG 大将ブログ

コラボ企画

2019年11月28日(木)テーマ:お店情報

人生において失敗は随分としましたが、大きく挑戦して
大きく失敗するという経験がないまま40代半ばを迎えている
寿司屋の大将です(涙)

大きく失敗していない(気づいてないだけかも)ということが、
失敗だと最近気づきました。その気づきを大事にこれからの
人生に活かしていこうかなぁ。

ゆるゆるです(笑)

友人シェフと共に実験と研究を重ね発表する場。今回は、そこに
ペアリングという概念も入れつつ総勢7名での研究飲み会♬
初めて参加の方やお酒のプロ、移住者や特殊技術屋さんと
なかなか面白い面々でスタート。

今の時期といったらやはり三陸産の牡蠣!!!ということで
オイスターバー的なイメージで牡蠣のフルコース。

IMG_7476

常識に捉われないよう常に研究心と楽しさをリンクさせ、
新しいメニューを提供してくれるシェフ。

今回も楽しくも目新しい牡蠣料理は最高でした♬

IMG_7468

シェフ、いつもいつもありがとうございます。
また楽しい時間をつくっていきましょう!

 

この日は、気仙沼産戻り鰹の最終水揚げ日ということで、
カツオも仕入れ。
今年の戻り鰹は、近年稀に見る最高レベルです!

SNS見ても気仙沼関連の友人のタイムラインは、
連日戻り鰹の記事、画像が掲載され盛り上がりを見せていました。

この料理のラインナップからして、白・赤ワインを常に合わせて
います。ちょっと高価な差し入れワインから、安くても
これは美味しいっていうワインまで。ラベルと価格で飲まない
ワインを楽しませてもらってます。

プラス今回は、そこに実験で『古酒』を導入しました。
実は今、日本酒を少々勉強してまして、ここも楽しみに
してました。

お恥ずかしながら、日本酒とは?

 

という問いに答えられない僕がいたのをようやく認識。
大人のくせに!とか今更?とか言われそうですがすいません、
お利口さんになれるように楽しみながら勉強します♬

また、この古酒と日本酒へ導いてくれた尊敬している方がこれまた
最高でして(笑)

先日も僕を繋げてくれる為に忙しい時間を割いて一緒に日本酒を
飲みにいってくれたりと街全体を常に考えてる非常に熱い男で
リスペクトしています。

そんな彼から紹介されたちょうど1年前の古酒がこちら。
IMG_7499

+++++++++++++++++++
秀鳳(山形県・(有)秀鳳酒造場)
製造年月 2001.9
+++++++++++++++++++

豆知識をお一つ
@日本酒、ワイン、ウィスキーや焼酎といった酒類は、
賞味期限表示が免除されているそうです。

@日本酒の瓶に記載されている製造年月日は、一般的な『賞味期限』
『消費期限』という意味合いではなく、瓶詰めされた日という
認識だそうです。

へぇ!と思ってしまったら新富へお寿司を食べに来てくださいね。
豆知識は、有料です(笑)

イメージというか、知らないって怖いですね。
アホな自分は、製造年月日から1年くらい経ってるお酒は、
勝手に古くなってダメなものだと思ってました(泣)

という話が始まると、脱線が続くのでまた次回。

只今、絶賛勉強中なのでまだたくさんの種類を飲めてるわけでは
ないのですが、この日のメニューの何かに合うのでは?と
イメージできた古酒が秀鳳でした。

別な古酒も合わせてみましたが、また次の機会に!という
感じでしたが、この秀鳳は、意外と合う感じで諸々最高です♬
ペアリングとまではいきませんでしたが、カツオのセビーチェに
合わせた古酒は、『おっ!!』っていうなかなかの感じでした。

研究も実験も同時に重ねながら新しい何かへ繋がる
挑戦をしていきたいと思います。


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ