BLOG 大将ブログ

遺憾

2016年8月3日(水)テーマ:ブログ

気仙沼大島の小田の浜海水浴場が、先月海開きをしました。

8月に入りこれから海水浴のお客さん、観光のお客さんが多く訪れます。
綺麗な海、鮮度抜群の海の幸、マリンスポーツとそれぞれの楽しみ方で
短い夏の最高の思い出にとみんなで自由に楽しめる最高の場所、気仙沼大島♬

そう自由なんです。

しかし、自由とは、『責任』です。
海は、漁業を業にする方々の『職場』でもあります。
また、海は、自由に誰でも楽しめる場所でもあります。
ある意味《公の場》でもあります。私はそう考えます。だからこそ、
しっかり責任を持ち、全ての方が自由に楽しく遊べるように!

ただ、人それぞれ感覚も感性も違うので、ここでの線引きや
ルール、マナーは、大雑把に言うと人それぞれという視点も見えてきます。

先月から今月にかけて管理者の方々から危険、悪質と判断されるような
水上バイクの走行がありました。
13907092_1067384496648806_6649943826307022135_n
遊泳区域に水上バイクの乗り入れや徐行区間でのスピードの出し過ぎといった危険、
迷惑等、または、そのように判断されるような行為にならないよう
取り扱う側が細心の注意を払わなければいけません。

この処置は、適正かつ最善の事だと思います。

地元を始め、気仙沼に海を楽しみに来て下さる御客様はたくさんいます。
そしてしっかりマナー・ルールを守って楽しんでる方々も多勢います。
一部の心無い水上バイクの走行が、水上バイク界全体に影響を及ぼします。

先日行われたイベント時に小田の浜まで水上バイクで行き、遊泳区域内にも
入りました。
これは、気仙沼大島、気仙沼ライフセービングクラブさん等と安全を考慮し
ルールを決め、それを遵守する約束のもと特別に許可を頂いたうえでのイベントです。
そしてこの背景には、長年地元のマリンスポーツを楽しんでる方々のマナー向上、
安全航行等、経験と実績を積み重ねており、気仙沼大島を始め関係各位の方々との
信頼関係もあるからこその特別許可でした。

当ブログ内、東北の美しい海岸を楽しむBBQ大会in気仙沼大島vol.3でも記事にしました。
『奇跡に近いものがあります』といっているのは、この信頼関係や実績がある地元操縦者の方を持ってしても許可がでないのではという懸念事項を指しています。
水上バイクを車から海へ下ろす漁港を使用する際も管理責任者の方から
しっかり許可を頂き使わせて頂きました。

全てにおいて、しっかり許可を頂きました。
マリンレジャーを楽しむ全ての人が、ほんの少しの危険にも晒される事の無いよう
にベテランの操縦経験者に操縦をお願いし、細心の注意を払いました。

危険、悪質、暴走と思われる走行は、本当に残念でなりません。残念でなりませんが、
ここでいう私の残念は、私の判断基準、感覚です。正解でも不正解でもありません。

明確な法律等の線引きが無い以上、他者が危険と判断できる走行でも
『自分には、全く危険じゃないし、これが普通なんです』というのも一理です。
私が危険と思う事でもそれは、私の判断基準であって、他者の基準は違います。
人それぞれ、自分の感覚で考えますからどっちが正しいとか間違いとかではありません。
『普通』や『一般的感覚』は、不明確です。曖昧でボヤけています。人によって様々です。

難しいところではあります。が、全てにおいてルールや規則、法律で縛るのもどうかと
思います。ここで大事になってくるのが、一般的感覚や一般常識、マナーといった
道徳感や公の場の暗黙のルールになると思いますが・・・、難しいですね。

ただ、幸いにも事故等、何事も無かったのが、唯一幸いでした。

『海と共に生きる』

地元でマリンスポーツを楽しませて頂く一人として、考えられる安全面、
マナー向上、ルールの遵守等の啓発活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。

気仙沼大島は、本当に綺麗でステキな海のある最高の島です。
海水浴・サップ・シーカヤック・釣り・ウェイクボード・水上バイク、
それぞれで楽しむ方々が、それぞれのマナー・ルールを守るからこそ
みんなで楽しめる事に繋がると思います。

Facebook内での『海スポkesennuma』を御紹介します。
海に関して、詳しく丁寧に掲載してあります。

『海スポkesennuma』は、コチラから


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ