BLOG 大将ブログ

渋谷和生_(続)

2018年11月14日(水)テーマ:ブログ

渋谷和生

多忙極める中、いまだに気仙沼に来て頂けるその人柄に
本当に感謝しかない。

45715143_1870798233043295_6776840205560184832_n

仕事を切り上げ、唐桑御殿 民宿つなかんへ急いだ。

この日、たまたまカウンターに石川県からご来店頂いていた
お客様へもお声がけさせてもらったらぜひ同行したいという
嬉しいお言葉を頂戴し、レッツGO!

気仙沼をきっかけに弘前に旅行へ行った!なんてことになったら
もう喜びしかない(嬉)

 

〜つなかん到着〜

IMG_5003

到着は、23:00。画像は昼だけどご勘弁を♬
流石に19:00からのライブには間に合わなかった。
こんな時間になってしまったが、皆さん待っててくれた。

遠い気仙沼まで来て頂き、お疲れ様です。と
少しばかりの差し入れ持参♬

皆さん、喜んでくれたので何よりっす!
ありがとうっす!

とはいいつつも、
皆さんも渋谷さんもお疲れとは思いますが、
やはり、
1曲弾いてほしいなぁ・・・
という願望は芽生えてくるわけで(ニコっ)

津軽三味線の重鎮というか大御所というか、
凄い方なのに・・・。という思いはあるものの
そこは親しき中にも礼儀あり!だけど、たまには甘えてもいいわよ!
的な解釈でドサクサ紛れでお願いするも

さすが、渋谷さん!!!
飛び抜けて秀でている方は、度量も違います。

なんとなんと
一曲、演奏して頂けることに♬

すげーーーーーーーー!!!

IMG_5594

自分らのためだけの演奏って、凄すぎる♬
アザーーーっす。
曲は、津軽三味線と言ったら、知らない俺でも知ってる
名曲、

『津軽じょんがら節』
これ大好き♬

・・・、

これしか知らないと言う噂もあるが・・・。

今回は、スペシャルなステージを想定内に想定して
ちょっとだけyoutubeであちこち聴きこんで来た。

と言うのも、

津軽じょんがら節を知らなくてもどこがどう違うのか、
今この瞬間を渋谷さんは、どう表現しているのかを楽しめるための
準備をするために。

ちなみに『津軽じょんがら節』
演奏する前に渋谷さんが、いつも言うことがある。

『じょんがら節は、2度と同じ演奏ができない曲です』
みたいな感じのセリフを毎回説明する。

 

なんでだろう・・・???

 

ちょっと気になってて、調べてみた。
すると、、、なるほど!って言う回答が♬ G先生から。
どこがどうという文字おこしは、出来ないけど
借りた言葉で表現するなら

だいたいじょんがら節、且つ自由。
この表現は、多分ぴったりなのだろう。
演奏者が、人との繋がり、その時の気持ち、場の雰囲気等全て
感じ得た状況の中、それらを加味した上で
自然に表現されるものなのだろうと察する。

2度同じ演奏ができないと言う所以がここにある。
そこを自分なりにおさえた上での生演奏♬
そりゃぁ余計にテンションアゲアゲ!!!

 

酒宴で深夜、突然の要望に応えてくれた渋谷さんの
演奏は、ポップなじょんがら節だった♬

IMG_5594

 

 

 

そんな渋谷さんが、市内の周年イベントにて
演奏した津軽じょんがら節

 

皆さんには、どんなじょんがら節に聴こえたでしょか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント(コメントはまだありません)

shintomisushi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。


*

津軽三味線・渋谷和生氏

2018年11月9日(金)テーマ:告知・イベント

今週末、リアス牡蠣まつりが開催されます。

IMG_5564
++++++++++++++++++++++++++++++

 

IMG_5567

 

ここには表記されていませんが、実は実は、

12:00〜12:30の30分間の出演枠で
弘前市から嬉しい方の出演が予定されています。

急な飛び込み企画だったんですが、唐桑ビジターセンターの
事務局長である千葉光広氏に丁寧に対応して頂き、
(約束時間を勘違いしていて30分の大遅刻(汗))
快諾して頂きました。

++++++++++++++++++++++++++++
津軽三味線演奏者
渋谷和生氏

45715143_1870798233043295_6776840205560184832_n

#渋谷和生公式サイト・プロフィールはコチラから

#演奏風景はコチラから(youtubeリンク)

+++++++++++++++++++++++++++

画像からも伝わってくるように堅いイメージのある
津軽三味線演奏者の渋谷氏ですが・・・、

18274832_1283796988383726_2480510384871416367_n

一言で凄いと言い表せないほどの経歴をお持ちですが、

30743694_1684377298308177_5235518400284852224_n

実はお茶目で気さく、楽しい方です(笑)
もっと変顔の凄い画像があったんですが・・・、

諸々の事情で・・・、
比較的大人しめの変顔画像で紹介させて頂きます(汗)

 

年間通じて、地元弘前に何日いるんだろう???
というくらい(マジで!!)日本全国はもちろんのこと
世界各国へ飛び回っているいろいろ本当に凄い方です。

そんな多忙な渋谷氏ですが、気仙沼での演奏が今年も実現します。
気仙沼では、10日海の市、紫市場での演奏が予定されています。

 

そしてここからが、今回の凄いところ。

 

今回宿泊先となる唐桑鮪立地区にあるこちらも有名な

『唐桑御殿 民宿つなかん』

つなかんにて特別公演が開催されます。
大広間にてゆっくりお酒等飲みながら、津軽三味線の
渋谷氏の迫力、特有のバチさばきを間近で堪能してください。

上から魂が降り注いでくるような感覚を覚える渋谷氏の演奏、
自分は、毎回感動します。

入場は、無料となっておりますが、キャパに限りがありますので
先着順となりそうです。
詳細は、民宿つなかんにお問い合わせください。

最高に笑顔のステキなおかみさんがお出迎えしてくれます♬

++++++++++++++++++++++

唐桑御殿 民宿つなかん

住所:宮城県気仙沼市唐桑町鮪立81
電話:‭090 8789 4321‬
mail:moriya.tunakan@gmail.com

web:公式サイトはコチラから

++++++++++++++++++++++

今度の土曜日は、つなかんへ!
今度の日曜日は、リアス牡蠣まつりへ

 

 

 

 

 

 


コメント(コメントはまだありません)

shintomisushi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。


*

美味しいWS〜仕込み編〜

2018年11月4日(日)テーマ:shintomiワークショップ

先日開催した飲み会というWS

そこでお披露目させてもらった新富の熟成。
今日は、その仕込み編。

一つ目は、イシガキダイ
これは、今の時期脂が乗ってて非常に良いと思う。
脂があるということは、熟成にも適している。

IMG_5341

完全血抜きのため、水圧をかけていく(津本式導入)
この後、下処理等をしっかりして熟成の準備を整える。

熟成の良し悪しは、ここの下処理で決まる!
なんて偉そうに言っているが、受け売り♬
でもでも、ホント大事!!!

 

今回は、熟成5日目のイシガキダイを皆さんに食してもらった。
IMG_5377

 

5日目だと熟成のねっとり感ありつつも中心部に近付くにつれ
少し残る本来の身質が良いアクセントになっているグラデーションが
いい感じになっている。
そういう出来栄えだった。ここは、好みだろう。
もっとねっとり感を出したいのであれば、もう少し
sleep timeを伸ばせば良い。

スダチは、香りづけのため絞らずに外して食べてもらう。
これ大事!
どうしてもというなら、
一滴までね♬

 

お塩は、キプロス産で竹炭をコーティングしてある
新富定番の優しいお塩。

 

熟成は、リスクもある。
(リスクについては、後日掲載していく予定です)

しかしながら、熟成は、意外とファンが多い。そればかりか、
仕込みをしているこちらもかなり楽しいという一面がある。

 

もっというと

 

プロセスを楽しめるという楽しみもある♬

 

もっというと

 

冷蔵庫から取り出し、封を開ける瞬間の楽しみもある!

 

もっというと

 

 

くどいっすね。
承知しています(笑)

 

でも、でも、それくらいホント楽しいんです♬
今までにない思考や、発見に繋がったり。

お話もお客さんは、興味津々で聞いてくれますし(嬉)
楽しみにしててください♬

********************************

新富熟成イシガキダイは、
最低5日前予約で、お客さん専用のイシガキダイをご準備致します。
(天候・水揚げ状況により変動有)

 

 

 

 


コメント(コメントはまだありません)

shintomisushi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ