BLOG 大将ブログ

東日本大震災 〜流され寿司・2011〜 vol.3

2021年2月11日(木)テーマ:東日本大震災

■イベントが入り始める              

3店4人で始まった気仙沼有志の会。盛岡のイベントにも4人で参加、見事完売。
それぞれお店のお客さんや知り合いに声をかけてもらい少しづつ行事やイベントが入り始めた。

ボランティアを始め、様々な業界の方々が様々な形で被災地入りしていた気仙沼。
そんな中、長寿番組【ぴったんこカンカン】という番組からの企画以依頼が入る。

企画内容は、母校【鹿折小学校】の後輩たちに震災後初水揚げされた生鮮カツオを
届けるという企画。
(※7月にカツオの水揚げがあるということ。これはとてつもなく凄いことだったらしい。
安全航行(流された家、燃えた船、海底に沈んだ瓦礫等)、気仙沼湾のどこが安全に
航行できるのか、市場の壊滅、輸送発送、今振り返ってもどうやって水揚げしたんだろうと
呆気にとられてしまう)

同じ小学生の頃の自分は、カツオ苦手だったが、この時の後輩たちはみんな満面の笑顔で
食べてくれてました。

学校での撮影、無事終了。
そのまま新潟県柏崎市へ向け出発。


■意見の相違                   

4人で始めた有志の会だったが、ぴったんこカンカンのこの撮影から有志の会は、
3人で始めることとなる。意見の相違があるのは当たり前で、これは致し方ないこと。

これだけの災害の中、何をどうしたらいいのか一つづつ手探りなので
またいつか時間を共有できるようにお互いに頑張っていきましょう♬

スタートして間もなかったけど大政寿司の女将さんやうちの母親等の協力も頂きながら
少しづつ、本当に少しづつだったが、活動ができるようになってくる。

新生【気仙沼有志の会】スタート


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ