BLOG 大将ブログ

もまれ牡蠣・温湯処理現場へ vol.1

2018年10月20日(土)テーマ:もまれ牡蠣

視察という名目で楽しい経験をしに行ってきた。

出迎えてくれたのは、もちろん我らがヒーローこと
ナイスガイやっくん。

相変わらずのナイスガイ!笑顔ステキなイケメン君。
涼しげな目で遠くを見つめる視線の先
できる男は、視線も違う!

IMG_5307

気になり自分も振り返ると、

 

そこには、

 

なんと

 

まさかの山だけ・・・。

 

唐桑のナイスガイは、山を見てるだけでも絵になる!
急に撮影されたもんだから照れてる?

『忙しいとこありがとうございます。今日はよろしくお願いします』
挨拶を済ませ、早速現場へと思ったが、

ん???

Tシャツにやっくんがもう一人???

 

・・・、

 

すいません、、、スルーして行きましょ!

 

現場は忙しいので、横断用の船で揉まれ牡蠣・温湯処理現場へ。
8時集合だったが、現場はもう作業していた。

『おはようございます。今日は、よろしくお願いします』
IMG_5281

挨拶もそこそこに極力邪魔にならないよう静観する。

 

揉まれ牡蠣には、重要な作業工程に位置付けされる温湯処理。
なぜ温湯処理が必要なのか?
(アーカイブはコチラから)

 

人も自然も笑いと健康が第1ということだ!

〜つづく〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ