BLOG 大将ブログ

酷暑

2018年7月20日(金)テーマ:ブログ

連日暑い日が続いている。

夏大好きな自分にとっては最高の季節♬
昨年は、1ヶ月近くも夏に太陽が顔を出さないという(宮城県のみ)
散々な夏だっただけに今年の暑さは嬉しい限りだ。

しかし、全国へ目を向けるとどうも様相が違う。

特に学校、子供達だ!

高温警報が出ていて、危険レベルとも言われているのに
設備の整わない体育館等に長時間もの間、居させる体質って。。。
熱中症で生徒が病院に搬送されている。幸いにも
快方に向かっているらしいのでまずは、一安心。

学校担当は、文科省になるんだろうか・・・。
数年前からこの手の問題が出ているので、大事に至らないうちに
明日からでも早急な対応を願いたい。

地区予選が始まり、間も無く熱い戦いが始まる甲子園。
自分も高校球児で甲子園目指していただけに夏の過酷さは
承知している。特にグラウンド内は、余計に暑い!

自分らの時代は、30℃を超える真夏日でも練習中は
水を飲んじゃいけない時代。そこは、批判もしないし肯定もしない。
ただ、幅広い面でトータルで最高に感謝している。

が、、、、しかし、、、

で?????

過去は過去。
その時のそれが正しくて、今は違う!というだけの話。
大事なのは、正しく時代に環境に対応していくことだと思う。

その時代は、たまたま何もなかっただけ!!
そして今の時代は、あらゆる面において昔とは違う。
科学的根拠もしっかりあるのであれば、合理的が得策だろう。

拘りは大事だが、拘りをもつところを間違えないで欲しい
というのが自分の願いだ。
甲子園は、夏でなくても良いような気がする。

自分も元高校球児!
暑い夏に熱く白球を仲間と共に追いかけていた♬
暑い夏→甲子園という図式は今でも健在する。

昔と比べて、
『俺らの時代はなぁ・・・』と力んでも何の解決にもならない。
勘違いしないで欲しいのは、俺らの時代はなぁ!という話が
ダメな訳ではない。

話す場所、比べるタイミングを間違えると
『俺らの時代はなぁ・・・』という輝かしい過去の栄光は、
最悪の結果を招く(笑)ということ。

今の時代、今の気温、今の諸々の環境、全て今なのだ!
今ベースで対策を練らないといけないと思う。

経済的視点も確かに大事だろう。容易で無いこと位は想像がつく。
何かを変えるには、凄まじいパワーも必要になってくる。
甲子園レベルなら尚更だろう!

この尋常じゃ無い暑さ対策は、早急に何かしらやらないと
いけないと個人的には思う。
例えば、開催時期を秋にズラすとか。簡単ではないだろうが、
何かしらの対策をやらなければいけないと思う。

死人が出てからでは遅いのだ。

現時点で甲子園では、自分の記憶では何も起きていないが、
もちろん先ほども言ったように起きてからでは遅いのだ!!!

気温40℃ってびっくりレベルだが、今年来年あたりからは
当たり前の夏の気温になってきそう。

夏はかなり好きだが、炎天下の下で過ごせるような
体力はもう無い(笑)
寿司屋の勝手なお願いだが、30℃前後位の程よい暑さの
夏が良いなぁ♬


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ