BLOG 大将ブログ

山田先生を御招きして

2016年4月21日(木)テーマ:DMO

昨日、山田桂一郎氏にお越し頂き『DMO』のセミナーが
開催されました。
IMG_5680

気仙沼版DMOを推進していく気仙沼市が、DMOの本場スイスの
ツェルマットに視察に行き、その時、現地でのお世話に
なったのが始まりだとか。

観光資源も無い人口5700人の村、スイス・ツェルマット。
何故、そんな村が世界を代表する村になったのか???
現地に行けない自分としては、勉強になる素晴らしい機会です。
短い時間の中で、少しでも多くの事を学べればと
楽しみにしてました。
12936677_980862635330860_7396158852417352716_n

いろいろ勉強になりました。
この日は、お店の営業もあり、最後までとはいきません。
しかし、その限られた時間内で学ばせて頂きました。
最後まで聴けた方が羨ましい・・・。

気仙沼は、ツェルマット以上の素質と資源を十分過ぎる位、
持ち合わせていると個人的には思います。
ただ、一番大切な部分で劣っている?劣っているというよりは、
同じ想いは、共有できてるのに同じ方向に進んでいるのに
その持て余すPowerを上手く活用しきれてないという表現が
適切かなと思います。

私は、ずっと野球をやってきました。
野球は、細かいルールは別にしても幅広い方々に
愛され、知っているスポーツだと思います。

ちょっとだけ野球に例えると

素晴らしい監督、例えば長嶋監督。
そして、素晴らしい選手陣。ダルビッシュ投手や
田中投手、野手には、世界のトッププレーヤーである
イチロー選手等。
侍JAPANやプロ野球をイメージするとピッタリな感じです。

ただ、この素晴らしい選手陣が揃っただけでは、
このプロ野球や侍JAPANは成立しません。

では何が必要か?

観て頂くファンの方々が必要です。
ファンの方々がたくさん入れる球場が必要です。
そして、素晴らしい選手が揃った
チーム(監督を含む)が必要です。

なんか長くなりそうなので、野球例えは、今日はこの辺で
止めておきます(笑)
あっ、太鼓も例えに使っていくといい感じかもです。
今度は、そうしてみよう♬

もうどこで脱線したのか遠い記憶になってきてる感が
ありますが、山田先生です。セミナーです!
もっともっとお聞かせ頂きたいセミナーでした。
むしろ、現地スイス・ツェルマットで自分もお願いしたい
位です。視察団が羨ましい♬

何事もそうですが、自分が観て感じた事が全てです。
感じるためには、感性を磨かなければいけません。
観光地として歩んでいく以上、善くも悪くも
自分の感性と経験が大切です。

自分も気仙沼も本格的に『観光』・『観光地』を
学び始めたばかりです。DMOをきっかけに本質をしっかり学び、
《豊かな》郷土を目指し先輩方から受け継いだ気仙沼を
後輩達に繋げていきたいと思います。


コメント(コメントはまだありません)

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ