BLOG 大将ブログ

窯元(続編)

2013年12月23日(月)テーマ:お店情報

昨夜行ってきました!
楽しにしてだ窯にようやぐ火がはいりました(^_^)

本間先生がらいろいろ勉強させで頂きながら
初体験の行程をイメージ(・・?)

kamamoto05

この日、冷え込みはかなり厳しがったけんと
空には満天の星空でわっつら綺麗でした。
いらない情報だべけんと
非科学的だけんと
やはり晴れ男!夜でも健在(^ー^)ノ

まぁまぁ、ハゲのどうでもいい話は置いどいで、
窯にはすでに火が入ってで、その光景を見るのは初めでだがら
もちろんテンションMAX!

kamamoto06

オォォォーーーーーーーーーーー(;゜0゜)
火が入ってるーーーーーーーーー(((o(*゚▽゚*)o)))

こごでちょっと、
俺も勉強したばっかりなんだけんと簡単にご説明。

火入れする時は、大きく分げで3行程に分げられる。

窯下→窯内→窯側面

この焼べで行ぐ場所によって
蒔きの大きさも違えば、それぞれ焼べる時間も異なる。
決して、1300度を越えではいけないらしい。

kamamoto07

1250度がら1270度、行程を経て行ぐど
この差、10度20度が作品においで重要なエリアらしい。

kamamoto08

これが、1000度を越える火の激しさ、そして柔らかさです。
そしてそして、窯内の作品の透明感が何とも言えない素晴らしさでした。
多分画像では伝えきれないが、この火の色って実は
『白』なんッスよ!
見だごどない火の色にちょっとビックリでした(°_°)

余談ですが、この1000度以上になる火を十数秒続げで見でっと
目がちょっと・・・
先生、もうちょっと早ぐ言って下さいよー(*_*)
と事後報告後に説明頂きました。

もちろん、ちゃんと時間置くと治りますので御安心を!

窯内の様子を見ながら、空いだ時間に
先生がら御教授頂きました。

kamamoto09

窯の事、温度、蒔きの使う量の半端無い事、
ホントわっつら勉強になりました。

火を絶やさず、一昼夜数日間通しで行われる。
寒さ厳しい中、本当にありがとうございます。

仕上がり状態を見ながらになるんだが、
予定通りなら、明日辺り側面がら蒔きを入れで
行ぐ作業に入る。

明日までに予定の仕事を終わらせで
まだ行ってみようっと(^_^)


コメント(2件のコメント)

窯元(続編)」への2件のフィードバック

  1. 千葉菊雄

    テレビ拝見しました。
    おかあさんは藤沢生まれ? 私の姉は益子といいます、たぶん同級生じゃ内ですか?

    私の娘ももとみです。

    震災後、何度も気仙沼に入りました、なんども泣きました。2011年の2月末は気仙の海にいたのですよ、
    写真撮ったり、買い物したり・・・あんな平和な海が、絶句。

    復活おめでとうございます!!!よくやった、ありがとう。
    いつまでも故郷を思う男より。

    返信
    1. shintomisushishintomisushi 投稿作成者

      千葉様
      コメントありがとうございます。母親は、藤沢手前の旧室根村の出身です。
      ようやくここまでたどり着く事ができました。Web上を始め、出会った方々、
      励まし頂いた方々、一つ一つの出会いが本当に心の支えでした。
      これからが復興への第一歩!微力ながら地元気仙沼のために貢献していきたいと
      思います。

      返信

メールアドレスが公開されることはありません。


*

ページの先頭へ